WordPressにプラグインを導入していく

LINEで送る
Pocket


自身のサーバーにワードプレスをインストールし使用するテーマが決まったら、次はプラグインを導入していきます。

プラグインは必ず必要というわけではなく、ワードプレス自体でも十分あなたのブログ(サイト)は成立します。
『後付けの便利な機能』という認識です。
ワードプレスが『携帯電話』であれば、プラグインは『アプリ』です。

今回は1つのプラグインを例にして、インストールの方法・概要を記載しておきます。
ほかのプラグイン導入時も流れは同じです。

 

 

Revision Control-プラグイン

1.Revision Control の必要性

まずリビジョンとはなにかというと、記事を投稿したとき(更新ボタンを押したとき)に自動保存してくれるワードプレスの機能です。

画像にあるように記事を編集し、更新していくたびにリビジョンは増加し保存されます。

revision5

 

表示をクリックすると、3つ保存されているのが確認できます。

revision6

 

リビジョンは上書きではなく毎回独立して保存されていきます。
最初のうちは大きく問題ありませんが、記事が増え編集が多くなるとサーバーにも負担がかかります。
ですので、必須のプラグインです。

それとは別に、記事1つに対して1つ保存されている下書き機能もあります。
この下書き機能は、記事に対して1:1なのでリビジョンとは少し違います。

revision7

 

 

2.以前の記事のリビジョンを削除する

上記で紹介した「Revision Control」は、これから更新される記事に対してのみ有効です。
以前に投稿した記事のリビジョンがストックされている方は、「Better Delete Revision」というプラグインを使用すると削除できるので、ぜひ使用しサーバーへの負荷を減らしてみてください。(プラグインインストール方法は下記記載。)

 

 

3.プラグインのインストール方法

①プラグイン⇒新規追加をクリックplugin1

 

②プラグイン名を検索するplugin2

 

③いますぐインストールをクリックrevision1

 

④プラグインを有効化をクリックrevision2

 

⑤設定の欄に先ほどインストールしたRevision Controlが表示されますのでクリックrevision3

 

⑥『投稿』『固定ページ』ともに、『投稿リビジョンを保存しない』を選択してください。
リビジョン範囲はデフォルトで問題ありません。変更を保存をクリック
revision4

 

これでプラグインの導入は完了です。
①~④はすべてのプラグイン導入時に共通の作業になります。
ほかのプラグインを導入する際にも、同じように進めてください。

⑤~⑥はインストールしたプラグインの個々の設定となります。
今回は『Revision Control』を例にしましたが、プラグイン個々に設定をしてください。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す