動画や画像を意識する

LINEで送る
Pocket


海外発信するにあたって非常に重要なことは、視覚的手段をフル活用することです。インターネットでいうところでは、「動画」や「画像」になります。
外国人と交流する際には、生半可言語が通じないので非常に有効な手段となります。対面でいうところでは「ジェスチャー」、オンラインでは「動画・画像」になります。

特に「動画」は今後さらに大きく進化していくだろうと考えられ、確実に導入し「メイン」にしていかなければいけません。

このブログは日本向けに発信していますが、画像について意識していることがあります。

image

このように、記事サイズめいっぱいに広げて貼り付けることです。
私は『広大感』を意識してこのブログの外観を整えました。
「視覚」が生きるようにサイト全体はシンプルにし、邪魔なフレームなどの枠はすべて排除してあります。

 

 

今回はワードプレスに画像を貼り付ける方法と画像サイズ変更プラグインをご紹介します。

1.ワードプレスに画像を貼り付ける

①記事を作成している最中に、画像を貼り付けたいポイントで「メディアを追加」をクリック
media1

 

②「ファイルをアップロード」を選択し、中心部に画像をドラッグ&ドロップ(ファイルを選択してアップロードでも可)media2

 

③基本的にはそのまま「投稿に挿入」をクリックして記事に貼り付けになるが、『タイトル』と『代替テキスト』の欄は記入しておいた方が良い。

タイトル・・・どんなタイトルでも良いが、簡潔に英数字とハイフンのみで記載しておいた方が良い。メディアファイルのURLにタイトルの一部が使用されるため、日本語タイトルにしてしまうと長いURLとなり、画像が多くなったときに長期的に見てSEOデメリット。

代替テキスト・・・タイトルと同じもので良いので入力しておくこと。空欄にはしない。画像が読み込めない状態のときに代わりに表示されるテキストであり、空欄だとSEO的に減点となる。media3

 

④画像サイズを変更する
記事に貼り付けた画像は、クリックすると選択した状態になります。画像の端にカーソルを合わせると矢印に変わりますので、その状態で大きさを調整してください。media4

 

 

2.プラグインを使って画像サイズを調整しておく

Resize Image After Upload-プラグイン

このプラグインをインストールしておくと、大きな画像をアップロードしたときに自動でサイズを調整してくれます。毎回のサイズ調整の手間が省けます。

 

①プラグインを導入する(過去記事参照)
⇒ WordPressにプラグインを導入していく

 

②設定の中に表示されるようになった「Resize Image Upload」をクリックし、設定をします。完了したら「Update Options」をクリックし更新してください。設定は簡単です。

・Enable re-sizing・・・サイズ調整をするか、しないか、の選択です。もちろん「yes」を選
・Max image dimensions・・・特にMax width(横幅)を調整します。私のサイトの記事横幅は約700pxに設定しているので、Maxを700に設定してあります。通常600~700pxの間くらいです。
(CSSを見ればすぐ確認できますが今回は省きます。一番簡単な確認方法は、手動でサイズを調整し投稿、繰り返すとぴったりくる位置がわかるので、その大きさの場合の画像を記事編集画面で見ると小さくpxが表示されているのでそちらを参考に設定してください。)

Resize

 

これで大きな画像をアップロードした際に、同じ縮尺の状態で横幅が700pxまで小さくなった状態でアップロードされます。

 

現在の動画動向についての関連記事
⇒ 動画時代の波に乗ろう

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す