外国人から見た日本のクリスマスって?

LINEで送る
Pocket


外国人の目に映る日本のクリスマスは、不思議なこと、おもしろいこと、物珍しいことがたくさんあります。
もしかしたらクリスマスって最古の世界共通イベントかもしれないのに、それでもまだ世界で共有しきれていないなんてほんとおもしろいです。

まだまだ世界に知られていない日本の日常はたくさんあるんだなと思わせてくれる一例です。

 

christmas

最近は、日本が島国で閉鎖的な文化であったことが、今の日本文化の価値につながっているのかなと感じています。
「知らないこと」や「未知の体験」というのは、人間にとって、感じ方や価値が一気に急上昇する大事な要素です。

それでは、日本と海外のクリスマスを比較している動画をご覧ください。

 

日本のクリスマスVSニュージーランドのクリスマス!

日本のクリスマスについて

(0:36~)
日本ではクリスマスになぜかケンタッキーフライドチキンを食べる習慣がある
⇒これは有名なエピソードですね。クリスマスにケンタッキーを食べる習慣がある国は他にありません。

(1:02~)
イルミネーションがゴージャス!
⇒これは意外かもしれませんが、日本のイルミネーションに外国人はとても驚きます。一見、海外のイルミネーションの方が豪華であるような気がしますが、日本人の芸術的な表現方法や繊細な装飾技術を駆使したイルミネーションは外国人に大人気です。ほんと「Amazing~!!!」とびっくりします。私はそのびっくりしている外国人のリアクションの大きさにびっくりします。笑

(1:14~)
クリスマスイヴが恋人と過ごす大事な日であること
⇒海外では恋人との時間というと「バレンタインデー」です。クリスマスが「聖なる夜」というイメージは外国人には少ないのかもしれません。

(1:54~)
お正月、おせち料理、お年玉、お正月の飾り、お正月セール、福袋
⇒クリスマスからの流れでお正月についてですね。お正月の催しはすべて日本っぽい感じがするものばかりなので、外国人には人気の日本文化です。

※私達が世界に発信している日本のお正月文化の画像と記事についても、カテゴリーのアクションの部分で今度紹介しますのでぜひご覧ください。
<記事更新> ⇒ 外国人に日本のお正月を紹介してみる-飾り物編-
<記事更新> ⇒ 外国人に日本のお正月を紹介してみる-年賀状編-

 

 

ニュージーランドのクリスマスについて

ニュージーランドではクリスマスの時期は夏のようです。サンタはソリではなくサーフボードに乗ってくる!?笑。クリスマスツリーが「pohutukawa tree」。クリスマス当日は海に行く人が多い。
⇒知らないことが多かったです。日本のクリスマスに対しても、こんな感じの印象を外国人も受けるのでしょう。そう考えると、どういう風に受け止められているのかとてもわかりやすいですね。

 

・・・で、ここからまったくクリスマスに関係なくなるのですが、クリスマスというキーワードで検索に引っかかってきて目に留まり、どこかで見たことあるなと思い・・・。

前置きは置いておいて、ぜひ映像をご覧ください。

表現力豊かで、すばらしい歌を歌っています。
日本でいつの日かデビューするかもしれません。
応援したくなりますね。

 

「のどじまん ザ!ワールド」ドイツ代表 アリーナ・ザイヒェ

 

「のどじまん ザ!ワールド」特別賞曲 テルーの唄/手嶌葵

 

最後ほっこりしましたか?
クリスマスということで、今日はこのあたりでサクっと終わりにしたいと思います。笑

それではみなさん良いクリスマスを。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す