外国人に日本の歴史や習慣を紹介してみる-武田信玄とお守り編-

LINEで送る
Pocket


それでは今回は、外国人に日本の歴史や習慣を紹介した時の記事を載せてみようと思います。
日本に訪れたことがないたくさんの外国人は、今でも普通に「侍」や「忍者」が存在すると思っています。

そんなこと思っているわけがないと思うかもしれませんが、インターネット上であれだけ日本の特徴として押し出されれば、実際にこういったリアルとの情報のズレは生じてしまいます。

実際、『侍や忍者は現代ではいません』と伝えると、本当にがっかりする外国人は大勢いるのです。

ただこの情報のズレは決して悪いことではなく、正しい情報を届けてあげればいいだけですし、これから紹介する銅像のように、過去(歴史)を大事にする日本文化の存在を伝えてあげれば最高のコミュニケーションになります。

 

 

では本編ですが、山梨県から東京都に帰ってくる際に見かけた武田信玄の銅像です。
かなり立派だったので記事にしてみました。

 

武田信玄公座像 かなりの風格がありました!TakedaShingen1

TakedaShingen2

Japanese history geeks, we present you the statue of “Takeda Shingen!” For those who don’t know who he is, he was a warrior with great influence during the Sengoku era. Born in 1521 till his death in 1573, he led an astonishing life as a daimyo, and even today he is worshipped and loved especially from the people of the Yamanashi Prefecture.
Takeda Shingen is one of the most popular historical figures, and his biography was filmed and aired by the NHK (Nihon Housou Kyokai, aka the Japan Broadcasting Corporation). This drama has around 50 episodes, and its DVD series still sells today. (訳: Yukiko Flores)

 

日本歴史オタクの皆さん、これが「武田信玄」の像です!誰それ?という人へ簡単に紹介すると、彼は戦国時代に大きく貢献した戦士の一人。1521年から1573年までの生涯は名高い大名として歴史に残っている。現在も特に山梨県の人々からは「武田信玄公」として尊敬され、愛され続けている。
この武田信玄、日本史の中でも人気の高い人物で、彼を主役とするドラマもNHKより放送された。50話からなる大人気作品となり、そのDVDシリーズは今も売れ続けている。

 

 

武田信玄の数珠にあやかり、交通安全祈願ができます

omamori1 omamori2

 

キャラクターコラボのお守り -ワンピースVer.-omamori3

If you take a look inside any Japanese person’s purse or wallet, you might find something called an “omamori,” used as an amulet for protection from harm, danger, and illness. The people is so used to always carry one that will be the closest to him/her; hence the wallet and the purse. It can also be attached to a bag or carkeys, anywhere you fancy.
Success in Business, Love/Relationship, safe childbirth, well-being for the family, road safety, are the most common wishes of the omamoris. In other words, these are just the tip of the ice burg! It’s always fun and enlightening to discover what a particular omamori represents.
These omamoris are mainly sold in temples, but today they became more kawaii with…. Yup, you guessed it, characters attached to them. Hello Kitty’s always there like a boss, and look, Omamoris with One Piece characters!
I would definitely recommend the omamori with Brook, because not only can you use it as an amulet 365days, but it would work perfectly well, come “el dia de los muertos (the day of the dead).” (訳: Yukiko Flores)

 

日本の人のサイフの中には、「お守り」というものが入っているのをご存じだろうか。これは何かの被害、危険や病気から所有者を守ってくれる効果があるとされ、常に持ち歩いておきたいちょっとしたアイテムなのだ。だからサイフの中、というわけ。交通安全などの種類もあり、これらは通学カバンや車のキーに付ける人もいる。
お守りの種類には他にもいろいろあり、「商売繁盛」「恋愛成就」「家内安全」などがこの国ではもっとも主流のものとなる。中には非常に珍しく、またピンポイントな願いをかなえてくれるお守りもあるので探してみるのも面白いかも!
伝統的なお守りは神社に行けば手に入るけど、今の時代は何でも大さじ10杯分くらいのかわいさが無いと万人に買ってもらえない時代となってしまった…。そこで登場するのが…そう、アニメや漫画の人気キャラクターが付いているおまもり。ハローキティはもはや日本で言う「鉄板」で、キャラクターお守りの中にマフィアのドンみたいに陣取ってらっしゃる。他のはないのかと見ていくと、ワンピースのお守りを発見!
ここでキラリと良いアイディアが流星のように頭の中を流れる。ここはブルックのお守りを購入するのが最も賢いのではないか??普段は災いから365日私の身を守ってくれるし、毎年11月1日と2日にメキシコで行われる「死者の日」のイベントにもガイコツはマストアイテムだから!国をまたいで一石二鳥!まさにインターナショナルアイテムだ。

 

 

今回は短編です。これで「武田信玄とお守り編」は完!
次回もお楽しみに!(楽しみにしてくれている人がいれば。笑)

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す