著作権フリーの画像を簡単に見つける小技

LINEで送る
Pocket


オンライン上で星の数ほどの情報が飛びかっている今、簡単に画像を入手することができます。
ブログを書いていると、使う画像によく困るようになるのでとても助かるのですが、入手の際に注意しなければいけないのは著作権です。

著作権の問題はこれからどんどん厳しくなると予想されるので、どうせなら違反せずに正当な画像を使用しましょう。

google

Googleで「著作権フリー 画像」などと検索するとたくさんの無料画像まとめサイトが表示されます。
基本的にそのサイト内の画像を使用する際は、そのサイトの利用規約に従って使用します。
ただ大半は「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)」の表示に則っていますので、著作権の概要を知った上で利用してください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスcommons

 

著作権の有無だけでなく、営利目的であるか、画像を加工して良いか、画像元を表記しなければいけないか、など区分されています。

無料画像まとめサイトで見つけた画像であっても、CCライセンスの表示があるものは必ず表示内容に従って利用してください。

 

ここで、Google検索で簡単に著作権の有無の振り分けを行う方法をご紹介します。

 

Google検索で著作権フリーの画像を振り分ける方法

①検索窓にリサーチワードを入力します。大きな枠から取得したいので英語で検索すると効率がいいです。
英訳についてはGoogle翻訳を利用してください⇒ Google翻訳

google

 

②検索結果を画像で絞り、さらにフィルタにかける
英語でキーワード検索ができたら「画像」をクリックし絞り込んでください。さらにその状態で歯車マークをクリックし「検索オプション」を表示させます。
commons1

 

③ライセンスでフィルタリングする
用途にもよるが、一番下の「営利目的を含め自由に使用、共有、または変更できる」がすべてを含んでいるので、こちらを選ぶと良い。変更という言葉の意味は、画像に文字を追加した場合にあてはまる。
google1

 

 

このようにライセンスでフィルタリングをかけると、Googleが著作権がないと判断した画像のみが検索され表示されます。

注意しなければいけないのは、判断しているのはGoogleであるということ。

Googleはすべての画像を詳細にチェックしているわけではないので、あくまでも上記操作で検索された画像は目安であるということに注意してください。

画像を英語で大きな枠で検索し、フィルタリングでふるいにかけ、最終的には入手元の規約やCCライセンスで判断してください。

あくまでも画像選択、使用、改変については自己責任でお願いします。

今回は著作権を考慮した画像検索におけるちょっとした小技のご紹介でした。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す